離職率が高い企業はこんな福利厚生サービスを検討を?

離職率が高いのはブラック企業

離職率が高い企業は、ブラック企業である可能性が高いです。ブラック企業の特徴は、労働環境が悪いため、離職率が高いです。

そのため、自分の会社の離職率が高い場合には、ブラック企業としての要素があるのかもしれません。

離職率が高いままでは、会社は必要な人材を失ってしまい、さらに劣悪な労働環境となってブラック企業化が進むことも考えられるのです。

現在離職率が高い企業は、離職率を下げるために対策を講じるべきです。

離職率を下げる対策としては、福利厚生の整備が挙げられます。

働きやすい労働環境にできるような、福利厚生サービスを導入することで、離職率を下げることにつながります。

今回は、離職率と福利厚生の関係やユニークな福利厚生サービスについて紹介していきます。

離職率が高いのはブラック企業

離職率と福利厚生

離職率と福利厚生は、とても関係が深く、最近の福利厚生は、社員の定着や採用強化として捉える傾向があります。

かつての終身雇用が崩壊し、転職も昔ほど偏見がなくなったことで、人材の確保が難しくなってきています。

そこで、福利厚生で他社との違いを出し、働きやすい環境を整備することで、人材を確保しようと考える企業が増えているのです。

当然、福利厚生が魅力的で働きやすい環境となれば、社員が離職するリスクが減ります。

その結果、離職率の低下につなげることができるのです。

ユニークな福利厚生サービスを紹介

離職率を低下させる手段として、福利厚生は有効です。

実際に、多くの企業が様々な福利厚生サービスを導入しています。

ここからは、ユニークな福利厚生サービスを紹介していきます。

 

<GMOインターネット株式会社:24時間・365日オープンの無料カフェ>

GMOインターネット株式会社が導入している福利厚生サービスの1つが、

「シナジーカフェGMO Yours」です。

このカフェは自社の福利厚生施設となっており、24時間365日オープンとなっています。

しかも、ドリンク・パン・お菓子・ランチビュッフェなど、すべての食事・ドリンクが無料です。

金曜日の夜にはバーとなり、社員同士のコミュニケーションの場にもなります。

この福利厚生サービスの目的は、働く仲間との交流を図ることができる場の提供です。

仲間とコミュニケーションを取ることで、刺激し合おうと考えているのです。

社員同士が仲良くなれば、働きやすい環境につながります。

無料で食事ができるため、独身社員としては嬉しいはずです。

これらのことから、離職率の低下にもつながっている福利厚生サービスとなります。

社員同士が仲良くなれば、働きやすい環境につながります。

<サイボウズ株式会社:ワークライフバランス重視の制度>

サイボウズ株式会社は、福利厚生から離職率を低下させた企業の1つです。

過去には離職率が28%もあったのですが、ワークライフバランス重視の制度などから離職率を4%以下にまで下げています。

サイボウズ株式会社の福利厚生サービスで注目すべきは、働きやすい制度が充実していることです。

育児・介護休暇制度では、最長で6年間も取得することができます。

また、選択型人事制度の導入により、勤務時間と場所を9種類から選択することが可能です。

他にも、育自分休暇制度によって、35歳以下なら転職・留学などでの退職者を対象として、最長6年間は復帰ができる制度を導入しています。

このように、サイボウズ株式会社は

福利厚生サービスの一環として、働きやすい環境を整える制度を導入しています。

それにより、離職率も大幅に下げることができたのです。

福利厚生サービスの導入で離職率を下げよう

福利厚生サービスの導入で離職率を下げよう

企業にとって、離職率が高いのは問題です。

離職率が高いということは、ブラック企業化している可能性が高く、人材が流失していってしまいます。

離職率を下げるためには、働きやすい環境を整備することがポイントであり、そのためには福利厚生サービスの導入がおすすめです。

今回紹介したユニークな福利厚生サービスは、離職率を下げるヒントになります。

どちらの福利厚生サービスも、社員にとって魅力的な福利厚生サービスです。

つまり、社員が魅力に感じることができる福利厚生サービスを導入することで、離職率を下げることにつながるのです。

ぜひ、離職率が高くて悩んでいるのなら、魅力的な福利厚生サービスの導入を検討してみてください。

アラーミー事務局

Alarmeeでは、
サービスの他に記事でも企業サポート!
企業の健康課題や経営者、人事総務向けの知って得する情報やAlarmeeをご利用いただいた企業様の体験等を発信していきます。