未病に関する取り組み事例をご紹介~神奈川県編~

未病への取り組みと企業のあり方

近年、「未病」への取り組みをする企業が増えてきています。

未病とは、東洋医学の考え方であり、約2千年もの歴史があります。

簡単に言ってしまえば、未病は病気に向かっている状態のことを指しており、

「未病を改善することで健康を維持することができる」という考え方です。

企業が未病の改善に取り組む理由は、

従業員満足度の向上や離職率低下が挙げられます。

未病の改善によって従業員は健康対策をすることができ、健康的に働くことができます。

また、病気になることを防ぐことで、病気による離職を防ぐ効果もあるのです。

そのため、多くの企業で未病への取り組みが行われているのです。

神奈川県は未病の改善に積極的

実は、神奈川県は未病の改善に向けて積極的です。

未病センターの設置や「かながわ未病改善協力制度」の創設、未病サポーター養成研修など様々な取り組みを行っています。

その中でも、かながわ未病改善協力制度は、

「かながわ未病改善宣言」の趣旨に賛同した企業・団体が未病改善に関する活動を行なっており、

情報の発信などを行なっているのです。

かながわ未病改善協力制度の対象は、規模・業種は関係なく、趣旨に賛同する企業・団体が対象となっています。

未病改善の活動としては、

【「食」の取組み】

【「運動」の取組み】

【「社会参加」の取組み】

【「未病の見える化」「癒し」など、様々な取組み】

などが挙げられます。

次の章では、かながわ未病改善協力制度に参加している企業の具体的な取り組み事例を紹介するので、自社で未病改善を行う際の参考にしてみてください。

神奈川県の企業による未病に関する取り組み事例

<有限会社ライフラボ>
この企業は、フリーマガジン「ゆ~ゆ」で「未病を治すかながわ宣言」活動を掲載しています。

これにより、未病情報を発信しているのです。

また、神奈川県内の温泉施設利用者向けに、健康増進プログラムの提供・告知などの活動も行っています。

この取り組みを参考にして、自社に活かすことが可能です。

フリーマガジンを社内報、温泉施設利用者を従業員に変えればいいのです。

そうすれば、従業員に未病情報を発信することができ、

健康増進プログラムによって従業員の健康促進に活かすことができます。

<株式会社ルネサンス>
この企業では、ウォーキングなどの健康イベントの開催や運営しているスポーツクラブでの体験イベントなどを開催しています。

健康イベント・体験イベントを通して、未病改善に取り組んでいるのです。

この取り組みを参考に、自社でも健康イベント・体験イベントを行うのもありです。

従業員を対象にした未病改善に役立つイベントを開催することで、従業員の未病の改善に役立てることができます。

<株式会社茶來未>
この企業では、講演会などで未病予防に効果のある日本茶の普及活動を行っています。

また、薬剤師・鍼灸師・国際漢方中医師(漢方の専門家)などの有資格者と、

日本茶の効能と漢方の観点から未病予防に効果のあるお茶の開発・紹介を行っているのです。

この取り組みを参考に、自社でも未病予防に効果的なものを紹介することで未病改善の取り組みにつながります。

従業員に未病予防に効果的な「コト・モノ」を紹介することで、未病改善につなげることができるのです。

未病改善につなげることができる

企業と従業員のために未病の改善を!

最近注目されている未病ですが、企業でも未病改善に取り組むべきです。

未病改善に取り組むことで、従業員が重大な病気になることを防ぐことができ、従業員満足度アップや離職率の低下に期待することができます。

もちろん、従業員にとっても、病気になるリスクを下げることができるため、

未病改善の取り組みは企業・従業員の双方にとってプラスです。

今回は、主に神奈川県の未病に関する取り組み事例を紹介してきました。

紹介した取り組み事例を参考にアレンジすれば、自社でも導入可能な取り組みが多いです。

そのため、ぜひ参考にして未病の改善に取り組んでみてください。

アラーミー事務局

Alarmeeでは、
サービスの他に記事でも企業サポート!
企業の健康課題や経営者、人事総務向けの知って得する情報やAlarmeeをご利用いただいた企業様の体験等を発信していきます。