職業別に見る従業員が患う疾病~接客・サービス業編~

従業員が患いやすい病気を知るべき!

会社は、従業員が患いやすい病気について知っておくべきです。

従業員が患いやすい病気を知っておくことで、対策を講じることができます。

もし、対策をせずに従業員が疾患によって、休職・離職するようなことがあれば、会社にとっても損失が大きいです。

そのため、従業員が患いやすい病気を知り、対策を講じるべきです。

従業員が患いやすい病気は、職種によって異なります。

そこで今回は、職種の中でも接客・サービス業に絞って、多い疾患を紹介していきます。

接客・サービス業の会社では、ぜひ参考にして従業員が病気を患わないような対策を講じてみてください。

接客・サービス業で患いやすい疾患

<糖尿病>
接客・サービス業の従業員が患いやすい病気の1つが糖尿病です。

糖尿病になりやすい理由は、接客・サービス業は食生活や生活習慣が乱れやすいからです。

どうしても接客・サービス業は、お客の都合から食事の時間が不規則になったり、生活習慣が乱れやすかったりします。

その結果、糖尿病になるリスクが高まるのです。

糖尿病になる要因は様々なのですが、食生活などの環境要因と遺伝的な要因が組み合わさることで起こると考えられています。

接客・サービス業では、その環境要因を作りやすいため、糖尿病になるリスクが高まってしまうのです。

<がん>
実は、がんによる死亡率が接客・サービス業の従業員は多いとされています。

この原因と考えられるのが、夜勤を伴う交代勤務が多いことです。

サービス業は、不規則な交代勤務が多い傾向があります。

これが、がんによる死亡率の高さに影響していると考えられるのです。

がんに限らず、不規則な交代勤務は病気の原因になりやすいです。

そのため、会社側はできるだけ不規則にならないような工夫が必要となります。

<メンタルヘルス疾患>
接客・サービス業で多い疾患として挙げられるのがメンタルヘルス疾患です。

具体的には、「うつ病」「統合失調症」などの病気になりやすいとされています。

その理由とされるのがストレスです。

接客・サービス業は、お客を相手にする商売であり、気を遣う場面が多いです。

そのため、過度なストレスを抱え込んでしまうケースがあります。

さらに接客・サービス業は、不規則な交代勤務が多いため友人との休日が合わなくなり、ストレス発散も難しいです。

その結果、メンタルヘルス疾患になりやすいとされているのです。

接客・サービス業の従業員が病気にならないための対策について

<健康経営の導入>
接客・サービス業の従業員が病気にならないための対策では、健康経営の導入がおすすめです。

健康経営とは、会社が従業員の健康に配慮することにより、経営でもプラスになるという考え方です。

従業員の健康増進だけでなく、離職率の低下や生産性の向上の効果を期待することができます。

食生活や運動など、様々な面で従業員の健康にアプローチすることで、

接客・サービス業の従業員が病気になるリスクを下げることができます。

とくに接客・サービス業の場合には、食事や生活習慣からアプローチをするのがおすすめです。

<メンタルヘルスケア>
接客・サービス業の従業員が病気にならないためには、メンタルヘルスケアも重要です。

お客を相手にする接客・サービス業は、どうしてもストレスが溜まりやすい職種と言えます。

そのため、会社が率先してメンタルヘルスケアを行うことで、病気のリスクを減らすことできるのです。

ストレスチェックなどを行ない、しっかりとメンタルヘルスケアを行っていくことが、従業員の疾患を防ぐことにつながります。

従業員が病気にならないように働きかけるべき

会社にとって、従業員は人財であり重要な戦力です。

そのため、従業員が病気になって休職・離職するのを防ぐことは大切であり、従業員が病気になるリスクを抑えることは会社にとってプラスに働きます。

接客・サービス業の従業員は、「糖尿病」「がん」「メンタルヘルス疾患」などの病気になりやすいです。

これらの対策としては、健康経営の導入やメンタルヘルスケアが挙げられます。

職種が接客・サービス業の会社は、従業員を守るために、

ぜひ健康経営の導入やメンタルヘルスケアを検討してみてください。

アラーミー事務局

Alarmeeでは、
サービスの他に記事でも企業サポート!
企業の健康課題や経営者、人事総務向けの知って得する情報やAlarmeeをご利用いただいた企業様の体験等を発信していきます。