パワハラを見つけるために企業が努力している事例とは?

パワハラは企業が対策すべき問題

企業が注目すべき問題のひとつがパワハラです。
近年、パワハラは社会問題として取り上げられており、企業としても対策を講じるべき問題となっています。
パワハラが起こってしまえば、人材の流失や企業価値の低下など、パワハラ被害者だけでなく、企業にもマイナス面が多くあります。

そこで企業は、社内環境を整え、パワハラ対策をするべきです。
すでにパワハラを見つけるための企業側が努力している事例があります。
今回は、パワハラを見つけるための努力している事例を紹介していきます。

パワハラを見つけるためにはどんな企業努力がある?

企業ができるパワハラを見つけるための努力は、「社内アンケート調査」「相談窓口の設置」などが挙げられます。

パワハラに関する社内アンケート調査をすることで、パワハラの有無を調べることができます。
匿名でアンケートを実施すれば、本音で回答しやすく、パワハラの実態を正確に把握しやすいです。

また、社員が相談できる場として、相談窓口を設置することにより、パワハラを見つけることに役立ちます。
社内アンケート調査や相談窓口の設置は、パワハラを見つけるだけでなく、抑止力にもつながるため、有効的なパワハラ対策と言えるのです。

パワハラを見つけるために企業が努力している事例

(1)東京ガス株式会社の事例
都市ガス事業者の国内最大手である東京ガス株式会社は、パワハラを見つけるための努力をしている企業です。
東京ガス株式会社は、コンプライアンス部を設置しています。

そして、コンプライアンス部の中には、コミュニケーション関係とコンプライアンス関係の2つの相談窓口を持っているのです。
相談窓口では、社員のみならず、派遣社員や準社員などの相談も受け付けています。
パワハラについても相談することが可能であり、パワハラを見つけることに役立てているのです。

(2)株式会社タイヨーの事例
鹿児島県や宮崎県を中心にスーパーマーケットの運営をしている株式会社タイヨーも、パワハラを見つけるための努力をしている企業です。
株式会社タイヨーでは、全従業員を対象にアンケート調査を実施しています。

氏名や店舗名、部門などが無記名でもOKのアンケートを行い、パワハラやセクハラについての質問や問題点などを自由に書き込めるようにしたのです。
これにより、店長と従業員の間のパワハラやバイヤーと販売担当とのパワハラなどが発覚したのです。
このように、相談窓口の設置やアンケートの実施は、パワハラを見つける手段として有効的な手段となっています。

パワハラさせない社内環境づくりも重要

企業ができるパワハラ対策としては、パワハラさせない社内環境づくりが重要です。
もちろん、パワハラを見つけるための企業努力もそのひとつです。
パワハラを見つけようとすることで、パワハラの抑止力を高め、パワハラの予防になります。

しかし、それだけは不十分です。
「就業規則でパワハラの懲戒規定をする」「研修を行う」など、パワハラへの意識を高めることで、パワハラさせない社内環境をつくり出すことができます。
パワハラを見つける努力だけでなく、パワハラさせない社内環境づくりを意識することで、より効果的なパワハラ対策をすることができるのです。

企業はパワハラと向き合っていくべき

企業にとって、パワハラは対策するべき問題の1つです。
パワハラを見つけるための企業努力の事例としては、「社内アンケート調査」「相談窓口の設置」が挙げられます。
それらは、社内のパワハラを見つけるだけでなく、抑止力としても有効です。

また、パワハラを見つけるだけでなく、パワハラさせない社内環境づくりも重要です。
就業規則や研修などを上手に活用することで、社内環境を整えることができます。
企業にとって、社内のパワハラは大きなマイナスです。

リスクを避けるためには、企業もパワハラと向き合い、対策を講じていくべきです。

 

アラーミー事務局

Alarmeeでは、
サービスの他に記事でも企業サポート!
企業の健康課題や経営者、人事総務向けの知って得する情報やAlarmeeをご利用いただいた企業様の体験等を発信していきます。