経営者はご存知ですか!?新卒者を囲い込むための重要指標とは

新卒者の囲い込み

今の時代は、人材の確保がポイントとなっています。日本では、少子高齢化社会が進んでおり、労働力不足が始まっています。そのため、経営者は人材の確保を優先して行うことが、会社の将来につながっているのです。

そして、人材の確保となれば、やはり新卒採用が重要となります。新卒採用で優秀な人材を確保することで、将来を見据えた経営が可能です。そこで知っておきたいのが、新卒者を囲い込むための重要指標です。

重要指標を知ることができれば、新卒者を囲い込むことができ、優秀な人材を新卒採用することができます。

今回は、新卒者を囲い込むための重要指標をランキング形式で紹介していきます。

新卒者の囲い込み

新卒者を囲い込むための重要指標ランキング!

新卒者を囲い込むための重要指標をランキングにしたので紹介していきます。
このランキングは、経済産業省が行った調査である「健康経営の労働市場におけるインパクト調査」の質問「将来、どのような企業に就職したいか?」に対し、就活生と就活生の親の回答を参考にしています。


<第1位:従業員の健康や働き方に配慮>

新卒者を囲い込むための重要指標で最も重要なのは、「従業員の健康や働き方に配慮」です。同質問において、就活生の43.8%・就活生の親の49.6%が従業員の健康や働き方に配慮していることを重要視しているのです。これは、就活生では2番目、就活生の親では1番目の数字となっており、最重要視されていることがわかります。


<第2位:福利厚生が充実している>

「福利厚生が充実している」ことも重要なポイントです。同質問において、就活生が最も重要としたのが福利厚生です。就活生の44.2%が福利厚生を重要視しています。ブラック企業など労働環境が問題となっているだけに、福利厚生は新卒者にとって、とても重要な指標となっています。


<第3位:雇用が安定している>

就活生の親が重要視しているのが「雇用が安定している」です。同質問では、就活生の親が2番目に重要視しています。年功序列などが崩れている中でも、やはり雇用が安定しているかは重要な要素なのです。

引用:経済産業省「健康経営の労働市場におけるインパクト調査」 http://ur0.link/Ni7H

新卒者を囲い込むための重要指標ランキング!

健康経営で新卒者を囲い込む!

新卒者を囲い込むための重要指標のランキングの上位3つをクリアする方法として、健康経営が挙げられます。

健康経営をすることで、第1位の「従業員の健康や働き方に配慮」は完全にクリア可能です。

しかも、健康経営をすることは、福利厚生につながっており、さらには離職率の低下にも期待することができます。

つまり、健康経営を実践することにより、新卒採用の際に就活生にアピールをすることができ、新卒者の囲い込みをすることができるのです。

実際に健康経営を重要視!

実際に、就活生は健康経営を重要視しています。
同じく、経済産業省の「健康経営の労働市場におけるインパクト調査」による「健康経営が就職の決め手になるのか?」という質問で以下のような答えが出ているのです。

就活生の親:最も重要な決め手になる4.5%、重要な決め手の1つになる70.6%
就活生:最も重要な決め手になる5.7%、重要な決め手の1つになる66.5%″

引用:経済産業省「健康経営の労働市場におけるインパクト調査」 http://ur0.link/Ni7H

このように、健康経営を就職の決め手になると、70%以上の就活生・就活生の親が考えているのです。

この数字から、健康経営が新卒採用に有効であることがわかります。

実際に健康経営を重要視!

経営者は新卒者を囲い込むために動くべき!

経営者にとって、人材の確保はとても重要なことです。しかも、日本は少子高齢化によって、労働力不足が叫ばれています。

そのため、新卒採用では、優秀な人材を囲い込むことがポイントです。新卒者を囲い込む方法として、健康経営を導入する方法があります。

健康経営を導入することにより、新卒者が重要視している指標をクリアすることができるのです。

ぜひ、新卒採用を有利に運ぶためにも、健康経営を検討してみてください。

アラーミー事務局

Alarmeeでは、
サービスの他に記事でも企業サポート!
企業の健康課題や経営者、人事総務向けの知って得する情報やAlarmeeをご利用いただいた企業様の体験等を発信していきます。