健康診断を受けるのは理由がある!?会社が健康経営するための第一歩とは?

今の時代は健康に注目

いつの時代も健康は注目されていたわけですが、今の時代はこれまでは少し違った注目のされ方をしています。

日本は、超高齢化社会となる可能性が高く、予防を重視して健康寿命を延ばすことが注目されているのです。

そんな社会の流れに合わせて、会社は健康経営を考える時期にきています。

社員の健康を考え、働きやすい環境を作ることは、会社と社員にとって大いにプラスになります。

しかし、いきなり健康経営を始めようとしても、何から始めるべきなのかわからないはずです。

見切り発車をしてしまえば、現場が混乱してしまう可能性があります。

そこで今回は、健康経営の第一歩としてどのようなことをすべきなのか紹介していきます。

今の時代は健康に注目

健康経営の第一歩は健康診断

健康経営の第一歩として、まずは健康診断の利用するのがおすすめです。

健康診断は義務化されており、毎年定期健康診断を行っているはずです。

この健康診断を上手に利用することで、健康経営の第一歩とすることができます。

健康診断を利用するというのは、健康診断の結果から社員をフォローすることで、健康経営につなげることができるのです。

健康診断の結果から、社員の健康状態の見える化を行い、異常がある場合には、早急に対応します。

詳しく検査をしたり、原因が職場にあるのなら配置転換をしたりすることで、社員を守ることができるのです。

健康経営の第一歩は、健康診断を活用することから始めるべきです。

ストレスチェックも行うべき

健康診断に加えて行いたいのが、ストレスチェックになります。

ストレスチェックは、健康経営の中でもとても重要なポイントになります。

ストレスを溜めれば、精神疾患などの病気になりやすいです。

そこで、会社がストレスチェックを実施することで、社員がストレスを溜めていないのか確認することができます。

ストレスを溜めこんでいる社員をフォローすることで、社員を病気から守ることができるのです。

そのため、健康診断による健康状態の見える化にプラスして、

ストレスチェックによるストレスの見える化も健康経営の第一歩となります。

現在の健康状態とストレスを把握することで、健康経営につなげることができるのです。

ストレスチェックも行うべき

健康経営のサポートならAlarmee(アラーミー)!

いきなり健康経営を始めるのは、難しいところです。

そこで、アウトソーシングで健康経営を導入する方法があります。

アラーミーでは、企業の健康経営実現に向けたサポートを行っています。

アウトソーシングでサポートを依頼することにより、無理なく健康経営を導入することができるのです。

内容はストレスチェックはもちろん、様々な健康経営サポートメニューを用意。社内運動会など、ユニークな企画で楽しみながら健康経営を導入できます。

もちろん、自宅で血液と尿を採って郵送するだけでがんや生活習慣病のリスクチェックができる「おうちでドック」のような、健康チェックのメニューもあります。

アラーミーの健康経営サポートを利用することで、自社だけでは難しい健康経営を導入することができるのです。

健康経営のサポートならアラーミー!

健康経営の導入とサポートを検討しよう

まずは、健康経営の導入を検討するのがおすすめです。

時代の流れとして、健康は予防するものという認識に変わってきています。

そこで、健康経営を導入することで、社員の健康を守ることができ、会社と社員にとってプラスになります。

健康経営の第一歩では、健康診断やストレスチェックで見える化がポイントです。
また、健康経営はアウトソーシングでサポートしてもらうのがおすすめです。

自社だけでは難しいものもあり、サポートしてもらうことで、社内での混乱が少なく健康経営の導入ができます。

アラーミーでは、様々な健康経営サポートメニューを用意しているため、ぜひ健康経営を導入の際にはパートナーとして検討してみてください。

アラーミー事務局

Alarmeeでは、
サービスの他に記事でも企業サポート!
企業の健康課題や経営者、人事総務向けの知って得する情報やAlarmeeをご利用いただいた企業様の体験等を発信していきます。