中堅社員が退職して困っていませんか?従業員満足度をあげるための第一歩とは?

中堅社員の退職は会社の損失

会社にとって、中堅社員はとても重要な存在です。

将来的な幹部候補であり、会社戦力の主力を担っていると言っても過言ではありません。

それだけに、中堅社員が退職するのは、会社にとって大きな損失になります。

中堅社員が退職しないようにするためには、従業員満足度をあげることが重要です。

退職理由は人それぞれですが、従業員満足度をあげることにより、少なくとも会社への不満から退職するという事態を防ぐことができます。

そこで今回は、従業員満足度をあげるための第一歩として、会社はどんな行動をするべきなのかを紹介していきます。

中堅社員の退職は会社の損失

そもそも従業員満足度とは?

従業員満足度とは、言葉通りの意味であり、従業員の満足度を表す指標のことです。

従業員の満足度と聞くと、「給料」「仕事内容」のイメージが強いです。

しかし、従業員の満足度は、それだけにとどまりません。

「社内の人間関係」や「福利厚生」、「マネジメント」などの要素も、満足度に含まれています。

従業員満足度と退職の関係

従業員満足度は、退職とも大いに関係しています。

なぜなら、従業員満足度は従業員のモチベーションやロイヤリティ(忠誠心)に影響するからです。

従業員満足度が低く従業員は、モチベーションやロイヤリティが低い傾向があります。

当然、モチベーションやロイヤリティが低ければ、退職するリスクが高くなります。

そのため、従業員満足度をあげることが、退職を希望する社員を減らすことにつながるのです。

中堅社員が退職して困っている会社は、従業員満足度について今一度考えてみるべきです。

従業員満足度と退職の関係

従業員満足度をあげるための第一歩とは?

従業員満足度をあげるための第一歩は、満足度をあげる要素を知ることです。

満足度をあげるためには、金銭報酬(給料)だけでは限界があります。

他にも、満足度をあげるための要素は存在しています。

ここからは、満足度をあげるための要素を紹介していくので、自社に足りない要素があるのかチェックしてみてください。

 

<ビジョンの共有>
満足度をあげるためには、ビジョンの共有が重要な要素です。

会社の経営層のビジョンを共有することで、従業員は働きがいを得ることができます。

そして、ビジョンに沿った目標を立てることができるため、モチベーションアップにつながるのです。

ビジョンの共有をさせるだけでなく、そこから目標へとつなげることがポイントとなっています。

 

<コミュニケーション>
社内のコミュニケーションも、満足度をあげるためには重要です。

人間関係がギスギスしている会社では、退職者が出てもおかしくありません。

良好な人間関係を築くためには、適度なコミュニケーションが必要です。

会社側としても、社員同士のコミュニケーションを図ることで、従業員満足度につなげることができるのです。

業員満足度をあげるための第一歩とは?

<参画意識>
参画意識を持たせることも、従業員満足度をあげることになります。

従業員が参画意識を持つことにより、やりがいや使命感を得ることができ、モチベーション向上につながります。

そのため、従業員が自由に意見を言いやすい環境を作ることがポイントです。

 

<福利厚生>
従業員満足度をあげる要素は、働きやすい職場環境が挙げられます。

そして、働きやすい職場環境を作りだすためには、福利厚生が重要です。

充実した福利厚生を提供することにより、従業員は働きやすい環境を得ることができ、満足度を高めることにつながります。

 

これらが従業員満足度をあげる要素です。

自社に足りない要素があるのなら、対策をすることで、従業員満足度をあげることができます。

まずは、従業員満足度をあげる要素を知り、何が足りていないのかを理解すること

が第一歩となるのです。
従業員満足度をあげる要素を知り、何が足りていないのかを理解すること

従業員満足度をあげて働きやすい会社になろう!

従業員満足度をあげることができれば、中堅社員の退職予防になります。

大事な戦力である中堅社員を失うのは、会社にとって大きな損失です。

そうならないためにも、従業員満足度をあげることが重要となっています。

従業員満足度をあげる第一歩は、満足度をあげる要素を知ることです。

そして、足りない要素があれば、会社は対策を講じるべきです。

中堅社員の退職を防ぐためにも、従業員満足度に注意してみてください。

アラーミー事務局

Alarmeeでは、
サービスの他に記事でも企業サポート!
企業の健康課題や経営者、人事総務向けの知って得する情報やAlarmeeをご利用いただいた企業様の体験等を発信していきます。