経営者必見!従業員満足度が向上!?従業員を守るGLTD(団体長期障害所得補償保険)

GLTD(団体長期障害所得補償保険)に注目すべき!

経営者や福利厚生担当者は、GLTD(団体長期障害所得補償保険)を検討するべきです。

GLTDを活用することで、福利厚生を充実させることができ、

従業員満足度を高めることができます。

そこで知っておきたいのが、GLTDはどんな保険で、どんなメリットがあるのかです。

内容がわからなければ、上手に活用することができません。

今回は、GLTDがどんな保険であり、会社にどんなメリットをもたらすのか紹介していきます。

GLTDとは?

GLTD(団体長期障害所得補償保険)は、団体保険の1種です。

病気やケガなどによって、長期間働くことができなくなった場合、収入の減少を補うための保険です。

そのため、働けなくなった場合のリスクを抑えることができる保険となっています。

基本的には、団体(会社)を通じてのみ加入することができる保険です。

GLTDの詳しい補償内容は、保険会社によって異なります。

対象の範囲や何歳までの補償なのかなど、様々なプランが用意されていることが多いです。

また、補償される金額についても色々です。

基本給の○○%などの場合だけでなく、月額○○万円などの固定タイプもあります。

ですから、プランをしっかりと吟味して、ベストなプランが用意されている保険会社を利用するべきです。

GLTDを活用するメリット

会社経営において、GLTD(団体長期障害所得補償保険)を活用するメリットは、

低コストで福利厚生制度を整えることができることです。

GLTDは、団体保険の1種となっており、保険料が割安となっています。

そのため、低コストで加入することができるのです。

また、会社によっては保険料を会社側が負担するケースもあります。

全額負担にしたり、一定料金を負担したりする会社もあるのです。

会社側が負担することによって、より充実した福利厚生制度を整えることができます。

GLTDを活用するメリット

GLTDで従業員満足度が向上する理由

GLTD(団体長期障害所得補償保険)を活用することで、従業員満足度が向上する理由は、

リスクマネジメントができるからです。

誰でも、病気やケガによって長期間働けなくなる可能性があります。

そのような事態になった場合、不安になるのが「お金」です。

治療費やリハビリ費用などが必要となり、さらに仕事を休むことで給料の減少となってしまいます。

そのため、「お金」についての不安が募ってしまうものです。

そこで、GLTDに加入しておくことにより、「お金」の不安を解消することができます。

長期間働けなく場合のリスクマネジメントをすることができ、

従業員満足度を高めることができるのです。

傷病手当金だけで大丈夫じゃないの?

経営者の中には、社会保障制度の傷病手当金があるから、GLTD(団体長期障害所得補償保険)は必要ないと考える方がいるかもしれません。

しかし、実は傷病手当金では不十分です。

傷病手当金は1年6カ月間、給料の約2/3を受け取ることができるものです。

つまり、1年6カ月の期間が過ぎてしまえば受け取ることができず、従業員にとって傷病手当金だけでは不安が残ります。

そこでGLTDを活用することで、不安を解消することができ、

従業員満足度を高めることができるのです。

上手にGLTDを活用しよう!

GLTD(団体長期障害所得補償保険)は、上手に活用することで会社と従業員にメリットがあります。

会社にとっては、低コストで福利厚生制度を整えることができます。

そして、従業員満足度を向上させることができ、従業員の労働意欲の向上や定着率アップなどにも期待できるのです。

従業員としても、GLTDに加入することによって、不安を解消することができます。

長期間働くことができなくなった場合のリスクをマネジメントすることができるため、安心して働くことができるのです。

GLTDは、会社と従業員のどちらにとってもプラスになるため、

経営者や福利厚生担当者は、ぜひGLTDの活用を検討してみてください。

アラーミー事務局

Alarmeeでは、
サービスの他に記事でも企業サポート!
企業の健康課題や経営者、人事総務向けの知って得する情報やAlarmeeをご利用いただいた企業様の体験等を発信していきます。